専業主婦でも借入可能な消費者金融とは?

ローンの借入審査に不安があるときは、一般に、銀行カードローンよりも消費者金融が選ばれる傾向にあります。

 

銀行のローンは、「敷居が高い」というイメージがあり、消費者金融の方が審査がゆるい印象があるからです。

 

しかし、消費者金融に専業主は申し込めませんので、銀行カードローンから借入先を探さなければなりません。

 

ここでは、専業主婦と消費者金融との関係について、説明したいと思います。

 

 

■専業主婦が消費者金融に申し込めない理由とは?

 

消費者金融に専業主婦が申し込めないのは、貸金業法という法律があるからです。

 

貸金業法には、過剰貸付を防止するための仕組みとして、「総量規制」というルールがあります。

 

具体的には、総量規制は、年収の3分の1を超える融資を禁止するもので、年収300万円の方なら100万円まで、というように融資限度額が決まります。

 

専業主婦は、本人に年収がありませんので、0円の3分の1、つまり、1円の融資も受けられないことになるのです。

 

 

■銀行カードローンなら見込みあり!?

 

この総量規制は、貸金業法が規制する業者、

 

 ・消費者金融
 ・信販会社
 ・クレジットカード会社

 

などを規制するものです。

 

つまり、消費者金融やクレジットカード会社などは規制しても、

 

 銀行カードローン

 

を規制しない、というのがポイントになります。

 

銀行カードローンなら、独自の基準によって、専業主婦にも融資を認めるケースがあります。

 

 

■専業主婦におすすめの銀行カードローン

 

専業主婦におすすめのカードローンは、銀行カードローンの中でも

 

 三菱東京UFJ銀行バンクイック

 

になります。

 

バンクイックは、テレビコマーシャルでもおなじみですが、専業主婦や学生、外国籍の方の利用も認めています。

 

専業主婦のローンについては、融資の限度額を「30万円まで」と制限していますが、利用は可能です。

 

バンクイックの申込みを20時くらいまでに済ませれば、当日中の現金受け取りもできますので、申込みを検討してみてはいかがでしょうか。